この記事は約 3 分で読めます

前沢牛

 

とく子です。東の横綱「前沢牛」は和牛の風味と旨味にあふれています。

 

今回は、農林水産省に登録公示(登録番号第28号)されている「前沢牛」のふるさと納税品と産地直送品を紹介します。

 

 

前沢牛とは?

 

霜降りはきめ細やかで上質。しっとりした肉質で脂はしつこくなく、上質な香りが口の中に広がります。料理人をうならせるほどの肉質。

 

詳細は農林水産省のページから特性を引用したので見てください(長文注意)。
※「農林水産省説明」をクリック(タップ)で開閉します。

【農林水産省説明】

岩手県奥州市前沢区では、西に奥羽山脈、東に北上山地が聳え、そこから流れ出るきれいな雪解け水をはじめとした、自然環境に恵まれた大地で育った良質な稲わら、干し草や穀類を飼料として与えるとともに、生産者の愛情を1頭1頭に注ぎ、ストレスをかけず、牛にとって優良な環境で肉用牛の肥育を行ってきた。

 

地域で作った良質の稲わらを粗飼料及び敷料に使用し、たい肥を水田や畑に還元するという自然循環型の肥育スタイルをとっており、稲わらを吟味し、良質かつ清潔なものを給餌するために、稲わらの収穫と確保には最大限の努力をしてきた。

 

肥育素牛には、黒毛和種の去勢牛を主に活用する事で、他産地との競合を避け優秀な素牛を確保するとともに、他産地との差別化を図り、生産者の手取りを増やすことを目指してきた。1戸あたり平均25頭前後という小頭数の肥育経営を中心に、サシを入れる為の技術を要する去勢牛の品質を高めるため、農家の飼養スタイルごとに、一頭一頭こまめな管理を行ってきた。

 

「前沢牛」として出荷されるのは、公益社団法人日本食肉格付協会の定める歩留等級が「A」又は「B」で、かつ、肉質等級が「4」以上の牛肉だけである。

 

「前沢牛」は上質できめ細やかな霜降りで、しっとりし、料理人をうならせるほどの肉質であり、その脂はしつこくなく、食すと上質な香りが口の中に広がり、肉が溶けるように感じられる極上の牛肉である。

 

焼肉、すき焼き、しゃぶしゃぶ、ステーキなど、どんな料理でも最高の味わいを与えてくれるが、特に絶妙な加減で炙って供される「前沢牛のにぎり」は、十分に熟成させた肉の甘みや、柔らかな肉質を最大限に引き出し、「陸のトロ」と呼ばれている。

 

昭和40年代に黒毛和種の肥育を始めた当初は、「岩手のガリ牛」と酷評を受けたが、「前沢牛が全国の共進会でトップをとる」という目標のもと、地域が一丸となって生産技術の向上に取り組み続けた結果、昭和53年には東京食肉市場で当時の最高販売価格を更新した。

 

また、昭和61年に全国肉用牛枝肉共励会で名誉賞(農林水産大臣賞)を受賞したことを皮切りに、その後も全国規模の各種共進会・共励会等で最優秀賞の受賞を重ね、平成26年度の全国肉用牛枝肉共進会において、全国最多となる通算6度目の名誉賞(農林水産大臣賞)を受賞している。

 

「前沢牛」は、このような地域の取組による数々の受賞歴を背景に、東の横綱「前沢牛」として全国的な知名度を有している。

 

登録の公示(登録番号第28号):農林水産省より引用

 

前沢牛のふるさと納税

 

前沢牛のふるさと納税には、ステーキの他にもハンバーグやシュウマイなどがありました。

 

王道のステーキも良いけど、ガツンとブロック買いも良いね。

 

 

普通に通販で買える「前沢牛」

 

ふるさと納税以外に通販で買える前沢牛もあるので、1度食べてみてくださいね。

 

\焼肉セット/

 

\ヒレ肉ステーキ/

¥11,400 (2022/09/27 11:26:50時点 楽天市場調べ-詳細)

 

\すき焼き・しゃぶしゃぶ用/

 

\前沢牛の産地直送/

 

\岩手県の産地直送品を探すなら/

The following two tabs change content below.

とく子@ふるさと納税大好き

お得な情報大好きな40代主婦です。今までふるさと納税って言葉は知っていたけれどどうやって頼んだらいいのか?知らなくてそのまま納税してました。まさか・・・こんなに得するものだったなんてΣ( ̄ロ ̄lll)今では親戚にもやらなきゃ損だよ~!って言いまくっています。実際にもらったお礼品も載せているので、皆さんの参考になれば嬉しいな~♪