この記事は約 2 分で読めます ( 約 882 文字 )

友達に「ふるさと納税してる?」って聞くと、 「仕組みがわからない」ってよく言われます(*´`*)

 

なので今回は、めっちゃ簡単にふるさと納税を解説してみます。

 

例えば、限度額として30,000円をふるさと納税したとして考えてみましょう。
※独身で年収300万円~325万円の方を想定 ⇒限度額はこちらで調べてね

 

【ふるさと納税の仕組み】

 

30,000円の内2,000円は手数料と考えて下さい。←これがよく言われている実質2,000円の負担です。残りの28,000円は税金の前払いと考えて下さい。次年度の税金(所得税と住民税の合計)がこの28,000円分少なくなります。

 

これだけでは手数料2,000円取られて、しかも税金の前払いしているだけなので、この時点ではお得ではありません。

 

でもここからがお得になる話です。

 

返礼品

 

30,000円のふるさと納税をすると、だいたい3割から5割程度の返礼品がもらえます。わかりやすく間を取って4割の返礼品としましょうか。金額にすると30,000円の4割は12,000円になりますね。
※現在は、政府のほうから3割程度にしなさいというお達しがあるみたいです。2019年6月からは3割までにしない自治体は、ふるさと納税の制度が適用されなくなります。

 

なので、2018年度中のふるさと納税がお得なんです。

 

例えば、下記の人気ランキングを見るとやはり肉やカニ、野菜などが返礼品として人気ですね。30,000円だと結構良いものがそろってますよ♪
※バナーをクリックするとランキングを見る事ができます。

 

 

 

【結論】
つまり30,000円のふるさと納税をすると、2,000円の手数料で12,000円程度の返礼品がもらえることになります。これって良いですよね?嬉しいですよねヽ(≧▽≦)ノ

 

実質お得なふるさと納税

 

税金の前払いとしてのふるさと納税、例え10,000円でも家計的に苦しい場合は無理してふるさと納税する必要もないです。でも余裕があるならふるさと納税は絶対お得です。

 

いくらまでふるさと納税できるのか?は下記ページでシミュレーションできるので確認してくださいね。

The following two tabs change content below.
とく子@ふるさと納税大好き

とく子@ふるさと納税大好き

お得な情報大好きな40代主婦です。今までふるさと納税って言葉は知っていたけれどどうやって頼んだらいいのか?知らなくてそのまま納税してました。まさか・・・こんなに得するものだったなんてΣ( ̄ロ ̄lll)今では親戚にもやらなきゃ損だよ~!って言いまくっています。実際にもらったお礼品も載せているので、皆さんの参考になれば嬉しいな~♪